避難用滑り台

ホーム > 避難用滑り台

いざという時の備え、万全に。
避難用滑り台スカイフロウは消防法施行令第25条に基づく避難器具です。

避難用滑り台とは

毎年数多くの犠牲者を出している火災。
とりわけ病院、老人ホーム、幼稚園、福祉センター、養護施設、等の火災は、公共性が強いだけに、大惨事になる可能性を持っています。

避難用滑り台スカイフロウの特徴

消防法施行令第25条に基づく避難用滑り台。

避難用滑り台スカイフロウは、(一財)日本消防設備安全センターによる、認定及び性能評定を受け、認定ラベル、性能評定ラベルがつけられています。そのうえ、生産物賠償責任保険付です。
いざという備え、万全に。スカイフロウをぜひご検討ください。

消防法施行令第25条と避難用滑り台

避難器具に関する基準を定めたものが消防法施行令第25条に説明されています。基本的には2階建て以上の建築物に避難器具の設置が必要となります。
避難用滑り台は設置が必要な避難器具のひとつであり、避難に際して容易に接近することができ、階段、避難口その他の避難施設から適当な距離にあり、かつ、器具を使用するについて安全な構造を有する開口部に設置することが義務付けられています。
>>消防法施行令 避難設備に関する基準(第二十五条) (別のサイトへ移動します)

業界シェアNo.1 !!
会社創立55年!
半世紀を超えた実績!!

業界唯一の大型焼付炉完備!!
粉体焼付塗装でさらに美しく
グレ-ドアップ!

アクリル樹脂焼付塗装
その他樹脂焼付塗装も可能です。

業界でいち早く取り入れた
ゴムマット(衝撃吸収材)

業界でいち早く導入した衝撃吸収材

着地部にゴムマット(衝撃吸収材)を敷くことによって避難者の安全性を更に高め、避難空地が明確になります。しかも、メンテナンスフリ-。
ゴムマット(衝撃吸収材)・避難空地についてはこちら

避難用滑り台スカイフロウ カタログはこちらから

避難用滑り台の基準・認定・導入条件

認定について

避難用滑り台は認定条件がございます。
認定条件をクリアーできなければ認定品として設置することはできませんのでご注意ください。
>>消火用設備等の認定 (別のサイトへ移動します)

設置条件

直線型は階高とすべり角度により滑り台の長さが異なります。すべり角度は25度~35度の範囲が認定条件となりますが、28度以下の場合はすべりにくくなりますので30度を標準角度として計画されることをお勧めいたします。
らせん型(GS型・RS型除く)は階高により滑り台の直径が異なります。
φ2000~φ3000の範囲となりますが着地位置を指定されると設置が困難な場合がございますのでご注意ください。
>>消防防災用設備機器の性能評定 (別のサイトへ移動します)

避難器具の基準

総務省消防庁による避難用滑り台の基準には、構造・材質・強度が定められています。
>>避難器具の基準 (別のサイトへ移動します)

認定審査基準は構造・形状・寸法・材質・強度などが細かく決められており、消防庁の避難用滑り台定義より認定審査基準の方が具体的かつ厳しい基準の審査となっています。
>>避難用滑り台認定審査基準

避難用滑り台スカイフロウ(一財)日本消防設備安全センターによる型式認定・性能評定一覧表

スカイフロウ型式 すべり降り方式 適用階 構造の特徴
型式記号 直線式 螺旋式 各階降り
すべり方式
連続降り
すべり方式
  ルーバー パンチング
PL
内階段 外階段
ST-型     各階毎        
M-型   5階迄        
GL-型   10階迄    
GS-型     10階迄  
RS-型   10階迄  
TR-型     10階迄    

注1)連続降りすべり方式も各階から乗込みが出来ます。
注2)柱とアームについてはSTKとSUSの組合せ使用は型式承認がおりません。他の部材については組合せ使用が可能です。

使用材料
部材 SS400
STK400
SS400
STK400
(メッキ鋼板)
SUS304 アルミ
 
アーム  
すべり面      
側板   (○)  
手摺  
踊場  
ルーバー
パンチング    
階段  
ローラー   ○(型式による) ○(型式による)

スカイフロウは、日本消防設備安全センターの型式認定(たい-○○号)、性能評定(評H-○○号)を取得しております。
スカイフロウは、型式認定・評定品について個別に認定・評定を取得し、銘板と共に認定・評定ラベルを避難用滑り台に取付けます。